グアン兄の美術探訪です 

hree015.jpg

秋も深まってきました 皆様お元気でしょうか?

駄犬に馬鹿にされている役柄のグアン兄です。 (写真右側の男です。)

久しぶりの代筆ですが、急に言われても書く内容なんてございません。

美術館にいった時の感想をこの間友達に送りましたのでそれで勘弁してもらおうと思います。
(写真左側の男です。)

駄犬も「いいよ」といっておりました。

(そんな後姿です。)
    ↓
qwqq060.jpg

最近水の生き物に嵌っている俺は亀が泳いでいるレストランが東中野にあると聞きつけ、さっそく出かけることにした。
自分の趣味を人に押し付ける悪癖を持っているから、もしも面白ければ職場の女でも誘い一緒に連れてくるつもりだった。
性格上の問題で事前の下調べをしないで人を招待することは無い。

東中野のレストランは小さなカフェのようなつくりで、ランチはオムライスとステーキしかなかったが、確かに大きめの水槽に優雅に大亀が泳いでいた。
もしかして亀ではなくてスッポンかもしれなかったが、泳いでいれば別に何でもよい。
時折えさをくれとでもいうように口を開くのがなんとも可愛い。
注文したステーキも肉とライスのみで、そこに店主のこだわりが感じられて好感が持てた。


unname1

それにしてもわざわざ千葉から東中野まで出てくるからには口を満足させるだけでは寂しい。
林芙美子記念館でも見物してから帰ろうかと5分ほど歩いているうちに道に迷った。
駅がどちらかもよくわからなくなったが、きょろきょろしているうちに水が張っている大石を見つけた。
ここに小魚を入れて水草を浮かべればなんとも風情があるだろうとしばし手を水に浸した。

unnamed.jpg


こんな小粋な石池とでもいうのだろうか、置いている敷地の建屋には
「東京黎明アートルーム」と看板がかかっていた。
アートルームとは聞きなれぬが、小さな美術館のようなものだろう。
林芙美子はやめてちょっと覗いてみる事にした。
こういう小さな美術館は当り外れが多いことは知っているが、当たったときのお得感はなんともいえない。

入場料を1000円以上取りながらくだらぬ作品しかおかない、といえば言い過ぎになるが、
どう考えてもマニアしか喜ばない美術館もある。
(名誉毀損で訴えられるのが怖いから名前は出さぬが。)
もっとも入場料が500円以上だったら入るつもりはなかったが、400円であったから何の問題も無い。

館内に入ってパンフレットをみると「仏画と白い焼き物」とある。
白い焼き物といえば白磁だろうか、あえてなんのてらいも無く「白い焼き物」という言葉を選ぶところ相当な自信が見受けられる。
これで地元の小中学生が作った白粘土の焼き物が置いていたら、俺は自分を許せないだろう。
だが、そんな不安は杞憂だった。

受付を済ませると目の前にトーラナが鎮座していた。
トラーナといえば大体2000年前くらいの作品か。
前菜としてみればまず合格、これから何を見せてくれるのか楽しみにさせてくれる。

まず二階から見ることにしたが、いきなり目の前が開けそこに現代的な茶室があった。
五色の障子が張っており、モダンな雰囲気をかもし出している。
この空間はなんとも贅沢である。
この規模のミュージアムなら所狭しと作品を置きたい、しかしそれをすると雑然として空気を壊す。
この配置を設計した建築家は只者ではない。

次の展示室に「紫紙金字華厳経断簡」と「蝶鳥下絵法華経」の一部分が展示されていた。
円教である華厳経と法華経を選択し展示しているのが仏典マニアとしては足を止まらせる。
しばし奈良時代と平安時代の仏教に思いをはせた。

歩を進めると目をひきつける書が3幅並ぶ。
特に「見神」の二文字は意味を探りながらも書そのものの芸術的な味わいが存分に楽しめる。
書に素養があればこの3幅の書の前で時を忘れることができるだろう。

unname2d


二階を一通りみて大いに満足した俺はいよいよ白い焼き物を味わいに、階段を下りた。
1F展示室の中央に 白磁壺が細かい説明を抜きにドンと展示してあった。
とにもかくにも先入観なしにまずは味わえとばかりに360度から閲覧できるようにしている。
思わず二周して見てしまった。
何に使われていたのかまったくわからぬし、18世紀の朝鮮白磁がどのレベルにあるのかもわからぬ。
説明どおり、まさに白磁壷。
腕を組み暫し魅入った。

その他にも唐代、宋代の白磁がお前に分かるかとばかりに目白押しだ。
陶器の良し悪しはよく分からぬが、熱心に鑑賞せざるをえない陳列だ。
時間があればあと一時間はこの空間にいたかったが、あいにく柏で女と会う約束をしている。
後ろ髪引かれる思いで立ち去った。
この美術館は小なりといえども細部にいたるまで技巧を込められている。
悪くないどころではない、よほどの数奇者でも唸ってしまうだろう。
しかも毎月展示物が変わるというのが足を運ばざるを得なくさせる。
(来月のパンフレットを貰った。)

唯一の欠点とすればこの美術館が開いている時間が毎月15日間だけというところか。
俺は道に迷いながら東中野駅に向かった。


■ブログ村ランキングタグ
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


小さくても趣向の凝らしてある美術館って素敵ですよね BYグアン兄
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

グアン兄さん
美術探訪のシリーズ化をお願いします。

No title

急な代筆?
卑弥呼様はどちらに‥‥??
ウミガメの泳ぐ姿は,よく映像で見ますが
フツーのカメが泳ぐ姿を,あの写真の角度から見るのは,
めったにないので,新鮮でした。(笑)

No title

ご飯が
大盛りですね

No title

おはようございます♪
亀が悠々と遊ぶように泳いでいますね
ステーキもドンと美味しそうです 
いいですね~
お皿に、絵を描いているとしか思えないようなソースは苦手です^^

力のある美術館 引きつけられます
魂に響いてくる作品には 空間があればいいですね*^-^*
よいお話しをありがとうございます 

No title

卑弥呼様はご旅行でしょうか?
道に迷ったおかげで素敵な美術館発見
毎月楽しみが増えましたねヾ(@°▽°@)ノ

No title

普段のグアン兄さんのブログ用文章とはまた違って、背中に影のあるクールなハードボイルド風なグアン兄さんが目に浮かびました(*^_^*)
是非また紹介して下さい(^o^)/

No title

サンちゃん こんにちは♪

サンちゃんのお洋服、秋っぽくなりましたね^^
こちらはまだまだ暑いよ~(;´Д`)

面白い

面白いですねえ。私もいってみようと思います。

さんちゃんもいけたかな?

No title

芸術の秋ですね。
でも、食欲の秋の方が
インパクトが強いんですけど(笑)

No title

亀を観に行ったの?
それとも食事かな?( *´艸`)

No title

海よりも心のひろいサンちゃんへ

代筆は、できるだけ早めにお願いしてください。

No title

グアン兄さんは予想以上に??アートが好きなのですね♪

空が青くて綺麗☆!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。

入場料以上の満足感を味わえる美術館のようですね。
毎月15日間の開館は確かに惜しい。
でも、それが展示のための準備と考えられれば納得
かもです。

No title

青いグアンアニ能書きに付き合ってくれてありがとう!

No title

勝負するため病院へ。なかなかしぶといから安心はしているんだけど、ね。

No title

これが一人前でびっくり。男子運動部のご飯見たいだよね。

No title

褒め上手でアホのグアン兄も、少しは人並みになってくれるかな?ありがとう!サン

No title

卑弥呼様は病院へ出かけましたよ。朝早くからよる遅くまで。父さんのためにも病気にならないでね!なんだよ。

No title

もともと頭の中が空っぽの人は、どうあがいても、空っぽ。脳みそを増やして欲しいよ。

No title

今日は最後の夏日とかで暑かったけど、秋の風だね。

No title

感心しながら見たと言ってたよ。ついでがあったら、、、

No title

ぼくは、はいれないからおるすばんだよ。上野には行こうねっと言われているんだよ。

No title

優先順位はやはり食欲の秋でしょ!それからスポーツ藝術など好きなコースに進むのです。

No title

道に迷って美術館が収穫です。第一目的ではなかったけど、、、

No title

時々使ってやらなければ、文字を書くことを忘れるからね。へへへへ

No title

語ることが好きなだけ!のくるくるパー

No title

忙しい中見に行くのが美術館かな⁇ゆっくり楽しめる年代になると、足、腰が痛い!笑い

No title

グアン兄さん
お久しぶりですですね!!!

ちょいと毒を含んだ表現
面白かったです!
プロフィール

メイゴンサン

Author:メイゴンサン
ノーベル賞候補犬 サンちゃん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter ブログパーツ

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR